トップページ / 台湾エクセレンス賞

台湾エクセレンス賞紹介

台湾エクセレンス賞(Taiwan Excellence Award)は1993年に設立され、毎年厳格な選考を行っています。「開発」、「設計」、「品質」、「マーケティング」の4つの項目を評価すると同時に、「台湾製」という条件を考慮して、総合的に「革新的な価値」を備えた製品を選出し、台湾の産業界の模範として台湾エクセレンス賞を授与しています。台湾貿易センターが世界市場に向けて推薦する製品の証であり、台湾産業界の革新的なイメージを形づくる賞です。

台湾エクセレンス賞の選抜は2つのフェーズに分かれています。第1フェーズでは、専門の審査委員が現地で評価する方法で「台湾エクセレンス賞」受賞製品および「台湾エクセレンス金賞・銀賞ノミネートリスト」を選出します。第2フェーズでは、世界的な専門審査を行い、台湾製品の最高栄誉を象徴する「台湾エクセレンス金賞」および「台湾エクセレンス銀賞」を選出します。台湾エクセレンス賞は現在までに26回選出されています。台湾エクセレンス賞のロゴは、台湾の革新的な価値を持つ製品に共通のブランドとなっており、世界的に高い評判を得ています。

台湾エクセレンス賞1分間紹介

ブランドの本質

ブランドの本質

選抜項目

選抜項目

選抜の流れ

選抜の流れ 選抜の流れ
主催機関およびIEP計画紹介

グローバル化による競争圧力、市場の自由化・透明化、変化が急速なインターネット取引に対応するため、台湾貿易センターはグローバルなマーケティング能力を高めるという観点から、もっともタイムリーで有効なサービスを提供し、メーカーとともに継続して台湾経済の安定的な発展を追求しています。ヨーロッパ・アメリカ・日本などの先進地域や、インド、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピンなどの主要な重点開拓地域に向け、台湾のB to BおよびB to C産業の特性を考慮し、展示会マーケティング、スポーツマーケティング、口コミマーケティング、宣伝広告、メディアPR、チャネルパートナーシップ、プロモーション活動、デジタルマーケティングを通じて、運用リソースの有効な統合を目指します。ターゲット市場の消費者・バイヤーの台湾優良製品および産業全体に対する認知度と好感度を高め、台湾製品の販売をターゲット市場へと拡大することを促します。