トップページ / 台湾エクセレンス賞 / Award Winning Products / Product Details

幻彩極光SSD(DELTA RGB SSD)
業界別:コンピューター・ソフトウェア
製品番号:DELTA RGB SSD
十銓科技股份有限公司(Team Group)
award 3

最先端のフラッシュメモリストレージ技術と革新的な製造技術が完璧に融合

1.亜鉛合金のプレス・鍛造による筐体を備え、最新の製造技術を融合させた最高スペックのフラッシュメモリ製品です。

2.導光材には特殊光拡散剤を採用。CNCを用いた射出成形で表面の紋様・エンブレムを切削し、発光エリア面積を最大化しています。幻彩極光SSDはお客様のメインマシンシステムシステム内でもっとも輝かしい光を放ちます。従来はモノトーンでシンプルであったSSDが艶やかな色彩を帯びた光を放ち、そこで生み出される変化が見る人の目を強く引き付けます。

3. ライトの色はソフトウェアを用いて自由に変更することができ、プレイヤーのマシンをいっそう豊かに彩ります。極めて優れた総合的ライティング効果で、消費者向けストレージの世界に個性の光を灯します。

4. ソフトウェアを用いて幻彩極光SSDの発光モード・効果を自ら定義し、他では実現できない独自のeスポーツ環境を作り上げます。



技術イノベーション

A.現時点で世界初の発光面積を最大化したRGB SSD。

B.マザーボードRGBライト制御ソフトウェアと同期して、一貫したライティング効果を実現。

C.世界初のダブル制御インターフェイス。

D.ソフトウェアによりAddressable LEDモジュールのプログラミングができ、発光効果は一つひとつの独立したLED単位で制御可能。RGB効果のプログラミングに無限の可能性を付与。

E.音楽のリズムに合わせたプログラミングでオーディオビジュアルと同期させたリズム効果を実現可能。

F.ソフトウェアによりプログラミングをモニタリングし、ライトによるシステムセキュリティ上の警告として機能。

十銓科技股份有限公司(Team Group) について

1997年創業の十銓科技股份有限公司(Team Group)は、十数年にわたるコンピュータ周辺製品の生産・販売経験を持つメモリ分野のリーディングブランドで、2010年10月に新興株式市場(興櫃)で上場しました(株式コード: 4967)。主に自社ブランドのメモリモジュール、各種メモリカード、USBメモリ、SSD、産業用メモリ・ストレージ製品を生産し、同時に世界大手の受託設計・製造も手がけています。2012年度からはモバイル向け応用製品の生産・販売にも足を踏み入れ、ワイヤレス応用裝置や電源アクセサリ製品のラインナップを拡充しています。私たちは国際的視野を持ち台湾で強力な製造、研究開発、マーケティングチームを擁しています。十銓科技はグループ全体の運営の中心として、専門技術、優れた品質、迅速な生産、グローバルな販売網、整備されたアフターサービスを一貫して保持し、自社ブランド経営を行っています。

http://www.teamgroupinc.com

Team Group Inc. is a manufacturer of computer products and consumer electronics, established in Taipei, Taiwan in 1997. We manufacture and distribute high quality Memory modules, Memory cards, USB disk, SSD, Industrial Applications and Mobile Applications. Team Group is recognized as one of the leading memory products and consumer electronics manufacturers in the industry. We cover most business regions in the world. Team provides the highest quality products to customers in volume with competitive prices and the best possible after services. Through many years of the close and direct relationships with the leading manufacturers and OEMs, we are able to provide various products even during the shortage and allocation periods. As we continue to grow, we start to develop mobile application devices in 2012 and we will continue committing to support our customers with superior products, first class service and excellent business growth.

お問い合わせ資料

製品お問い合わせ