トップページ / 台湾エクセレンス賞 / Award Winning Products / Product Details

27インチ超速miniLED eスポーツディスプレイ
業界別:電子・通信
製品番号:M270KMB-EFB
群創光電股份有限公司(INNOLUX)
award 3

応答速度とリフレッシュレートは、eスポーツ選手にとって勝つための最高の武器です。群創(Innolux Corporation)は業界初の27インチQHD 300hzリフレッシュレートと1msの超高速応答速度を持つminiLED eスポーツディスプレイを発売しました。本製品はIGZOのハイエンドTFTディスプレイ技術を採用し、576ゾーンのminiLEDバックライトにより超ブラック画像を実現、プロゲーマーやゲームデザイナーに影のない超スムーズな体験を提供します。DCI-P3カラーとHDR1000は、プレイヤーに究極のゲーム体験を提供します。リフレッシュレートは通常のディスプレイの5倍であり、FPSやレースなどスピードを重視するゲームにおいて、相手をより早くロックオンできます。今のeスポーツ用ゲームはすべて映画並みの画質を持っており、ディスプレイに高い応答速度を求めています。群創のこのディスプレイなら、超高速でラグを全く感じません。プロゲーマーにとってもゲームデザイナーにとっても最高の選択肢となります。

http://www.innolux.com

製品お問い合わせ

群創光電股份有限公司(INNOLUX) について

群創光電(INNOLUX)はTFT-LCD液晶パネル及び端末液晶ディスプレイのサプライヤーです。豊富なイノベーション力と高品質へのこだわりを持ち、TFT-LCD技術の研究開発と製造に力を注ぎ、人の視覚的な味わいを向上し、ハイテクによる美の実現を追求します。群創光電は、企業経営は利潤の追求だけを重視するものではないと考えます。人の精神的な特質こそが企業の存続を左右するカギであると信じており、それゆえ一貫して穏健かつ地に足の着いたスタイルを保持しています。お客様、株主、社員、社会、環境の進歩と幸福に貢献するとともに、優れた品と徳を備えた企業となることを目指し尽力しています。

http://www.innolux.com

群創光電(Innolux)は、2003年1月14日に鴻海グループの輸出向けパネル製造会社として設立され、主に液晶パネルやモニターの生産を行っています。2006年に台湾で上場し、パネル業界で史上最速のIPOを記録しました。2009年末、奇美電子、統宝光電との合併を発表し、群創光電を存続会社、奇美電子を消滅会社としました。しかし鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長は奇美電子に敬意を表し、合併後の新会社に「奇美電子」の名称を残すこととし、このパネル業界の歴史上最大の合併は2010年3月18日に完了しました。その後、奇美ブランドとの差別化を図るべく、2012年12月に社名を「群創光電」に変更しました。 「群創」という名前は、創業者の段行建博士が考案したものです。段博士は、中国語名も英語名も三日三晩真剣に頭を絞ったものだ、と語ります。「群創」は、志を同じくする人々が集い設立した企業を意味します。そこには会社、従業員、サプライヤーの三方良しを実現したいという思いが込められています。英語名「InnoLux」は、「Inno」が「創」の直訳、「Lux」が照度の単位「ルクス」と光の3原色を表しています。当初の英語名には「Display」という語も含まれていましたが、新社名ではそれを取り去ることで、今後の企業としての方向性がディスプレイ分野に限定されない幅広いものになるというメッセージを発信しています。

お問い合わせ資料

Tel:-

今年度のその他の受賞製品 (5)

これまでの受賞製品 (37)