トップページ / 台湾エクセレンス賞 / Award Winning Products / Product Details

超高画質4×4Kデジタルサイネージ
業界別:コンピューター・ソフトウェア
製品番号:SI-324
IBASE Technology Inc.
award 3

SI-324は、4K解像度の4画面同時出力に対応するデジタルサイネージプレーヤーで、2×2または1×4のビデオウォールのみならず、レストランの電子メニューや銀行、空港、ショッピングモールなどの情報掲示板にも使用でき、ダイナミックな情報提供やターゲットを絞ったプロモーション活動などに役立ちます。ADMの最新プロセッサRyzenを搭載し、柔軟なビデオウォール構造と解像度設定モードを提供するだけでなく、独立式の換気設計を採用し、埃がシステム内に入るのを防ぎ、安定した動作を保ちます。このシステムは、広積(IBASE)最新のiCONTROLインテリジェント環境保護・省エネ技術とObserverリモートネットワークモニタリング技術を統合しており、この2つの独自技術を使って、インターネット経由で直接操作することが可能で、インテリジェント省エネ、自動電源オン/オフスケジューリング、電源レジューム、低温保護、インテリジェントシステムリカバリの5つの機能をサポートします。様々な使用環境を考慮し、SI-324にはハードウェアEDIDエミュレーション機能が内蔵されており、接続されたディスプレイに問題が発生したり、ゲーブルが外れてしまったりして、ディスプレイにEDIDが正常に認識されずに発生した、「信号なし」やクラッシュ、ディスプレイ解像度とホストデバイスとの不一致、色の歪みなどの、ハードウェアまたはデジタル再生のソフトウェア設定のトラブルを避けることができます。デジタルサイネージ運用のニーズに応えて、SI-324は、シンプルかつコンパクトなデザインを念頭に置いて設計されているため、カバーはシンプルかつエレガントな白黒のデザインに、縁は美しい流線を描いたデザインを採用しており、シンプルで美しい見た目になっています。また、壁掛け設計により、あらゆる壁やテレビの背面に簡単に取り付けることができます。

製品お問い合わせ

IBASE Technology Inc. について

2000年創業の広積科技(IBASE )(銘柄コード:8050)は、産業用PCの研究開発・製造を専門とするリーディングメーカーです。産業用PCのOEM/ODMサービスに精通し、顧客のニーズに合わせ製品をカスタマイズ可能です。主な製品には、産業用タブレットPC、産業PC用マザーボード板、エンベデッドコンピューティングシステム、およびネットワークアプリケーションプラットフォームがあり、さまざまなソリューションを提供しています。デジタルサイネージ、小売業のスマート化、医療、自動化制御、交通・輸送、スマート建築、ネットワーク通信等の分野での応用が可能です。広積はISO 9001、ISO 13485、およびISO 14001といった国際規格を取得しています。

http://www.ibase.com.tw

2000年創業の広積科技(iBASE)は、産業用コンピュータ製品の研究開発・製造を専門とするリーディングメーカーです。広積は同じ目標意識を持ち息の合った経営チームのもと、産業用コンピュータ分野で数十年の経験を積んできました。創業当初はODM/OEM製品の設計・製造を主に行い、製品戦略としては開発難度が比較的高いミドル・ハイエンドのニッチ製品をターゲットとして価格競争を回避しました。開発速度が速く、品質が安定しながらも革新性を備えた製品により、ただちにお客様から高い評価を得て、市場を開拓することができました。これにより、当社は創業2年目に業績・利益ともに大幅な成長を遂げ、2003年には順調に証券店頭売買センター(TPEx)上場を果たしました。 年月を経て積み重ねてきた専門知識と経験を基礎に、広積は、すでに完全に構築されたイノベーションの核心技術の枠組みのもと、自社ブランド「IBASE」を打ち立て、普及を図る決断を下しました。製品戦略面では、当社がもっとも高い競争力を誇る産業用コンピュータ・マザーボード製品を主とし、設計難度が比較的高いミドル・ハイエンドかつ統合度の高いシステム製品を組み合わせています。さらには研究開発の優位性を存分に発揮し、同業他社に先んじて、イノベーション性と先行性を備えた新製品を標準品として打ち出し、IBASEブランドを前面に打ち出して、国内外の市場へと普及を図っています。これまで、自社ブランド製品として累計で数百種の異なるタイプのマザーボード・システム類を設計し、世界のお客様、販売店、およびシステムインテグレーターのニーズを満たしてきました。「チーム、イノベーション、効率、サービス」という経営理念のもと、引き続きイノベーション性、先見性、および未来性を備えた製品の研究開発・設計に取り組み、競争力を高めるとともに、業界のリーダーとしての地位を確立していきます。

お問い合わせ資料

今年度のその他の受賞製品 (4)

これまでの受賞製品 (15)